既卒者が就活するための秘訣を公開

既卒の就活に理解ある人を見つけることも大切です。

既卒となり就活を続けていく時に、人間関係にも変化が乗じる可能性があるので、注意をしていく必要もあります。卒業をして、仕事が決まっていないと、親せきや近所とのつながりがある場合、心無い人は、しつこく就職のことを聞いて来たり、傷つけるひとことを言われたりと、頑張っていても、理解してもらえない状態が続き、人付き合いが嫌になってしまうこともあるので、理解ある人を見つけて、相談していける環境も必要になります。既卒の就活について、理解ある方に相談をしてみることで、アドバイスもいろいろともあることができるので、安心できます。信頼できる友人や家族がいる場合、話を聞いてもらうだけでも安心することができますし、就活のアドバイザーの方もいるので、適切なアドバイスをもらうこともできると思います。安心して仕事探しを続けていくことができる環境づくりも必要です。

既卒者が有利に就活をすすめていくには

先日、勤務先で既卒者と新卒者を対象に、採用試験を実施しました。その際に、面接の試験担当をしましたので、その時の感想を書きたいと思います既卒と言っても、職歴がある場合とそうでない場合とでは、条件がかなり変わってきます。職歴がある場合は、どうして今の仕事を変えたいのか、あるいはどのように、これまでの経験を新しい仕事に生かしていきたいのかという点に注目します。職歴がない場合は、どのような資格とか、勉強を積み重ねてきたかをたずねます。いずれにしても、既卒者が就活で、新卒者より優れたところを大アピールできる点は、何らかの経験をしていることだと思います。時間を無駄遣いすることなく、人に話して、興味深く聞いてもらえる経験を重ねて欲しいと思います。そうすることによって、より有利に就活をすすめていくことができ、チャンスがより広がります。

あきらめない既卒の就活

一般的に既卒の就活は厳しいと言われます。本人も周りの同級生たちは就職しているのに、自分がまだ決まらないことで、焦ったり気分も沈みがちになります。でも第二新卒という言葉があるように、あきらめるのはまだまだ早いのです。春だけではなく、秋に入社する社員を募集する会社もあります。とにかく、大学の就職担当に通ったり、ハローワークに行ったり、インターネットなど情報集めは決して怠らないことです。それでも決まらなかったとします。もし希望の業種や職種があるなら、それに近い所でアルバイトをしたりして、少しでも経験を積むことです。資格取得の勉強ももちろん大切ですが、より近い所で経験を積むことによって、応募できるチャンスが訪れた時に自信がつきますし、強みにもなります。とても強い自己アピールをすることができます。新卒者だけを求める会社ばかりではありません。どんな形でも自分の希望に近い業種で経験を積むことで、即戦力として見てもらえて、採用につながることもあります。自分を見失わず、あきらめずに就活を続けることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*