アパレルはどんな人をターゲットにしているのか

いつもいく洋服店や衣料品店を違った目線で今日は見てみましょう。アパレルの会社としては、その店はどんな方をターゲットにしているか?注意深く見ていくことで、そのことが分かってくるはずです。確かに、そのようなことをして何の意味があるのでしょうか?という質問もあるのかもしれません。ただ、もしあなたが何らかの興味を持って、この文を読んでいるのであれば、この日常の洋服店や衣料品店を違った目線で見るということの有効性を知ることは、あなたのアパレル店の経営にも役立つと思うからです。では、実際にあなたが、ある店を観察してアパレルのターゲットを分析する時にどんなことを意識して見る必要があるでしょうか?まず第一に確認することとしては、まずその店がどこに『位置』しているかということなのです。位置やロケーションというのは、食事でいうところの食器であるようなものなのです。どこに位置していたり、ロケーションされていたりしていたとしても、洋服は同じ洋服なのです。ただ、その食べものが、お椀であったり、皿であったりと配ぜんが変わることによって、その感じ方も変わるのが認識できるのではないでしょうか。なので、アパレルのターゲットを思い浮かべる時にその店の位置がどこに位置しているかということが大事になってきます。ファーストフードの近くに位置しているのか?それとも似たような店と一緒に位置しているのか?などその位置取りに関しての考察も大事になってくるのです。次にアパレルのターゲットについて考える上で大事になってくるのが、「店員がどんな服を着ているか?」ということです。店員の着ている洋服というのは、その店が『どんな方向を目指しているか』を体現しているものです。ですので、店員がどんな服を着ているか?というのは、アパレルのターゲットについて考える上でとても有効なものとなっているのです。コンサバ系やモード系やガーリー系など様々な方向性がその店員によって指し示されているのでその方向性を捉えることが必要になってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*