一般家庭にお勧めできる天井に埋め込むカセット型エアコン

天井カセット型エアコンは業務用エアコンの中でもっとも一般的な機種です。おそらく誰もが一度は目にしたことがある、天井の中に埋め込まれているタイプのエアコンです。この天カセエアコンの1番の特徴は、天井に埋め込むことにより見た目が非常にすっきりし、建物の景観を損ねることがないという点です。吹出口のタイプも4方向、2方向、1方向と種類があり、部屋の形に合わせて選ぶことが出来ます。吹出口の数が多いため、部屋の温度を素早く一定にすることが出来ます。天カセエアコンは機種にオプションが様々選べるのも特徴で、人感センターがついたものなら身体に風が直接当たらずに部屋の温度を一定に出来たり、空気清浄機能や脱臭機能など用途に合わせて選べるのも特徴です。自動お掃除機能を選べばメンテナンス性も向上します。

天井カセット型エアコンの種類と選び方

天カセエアコンは一般的に広い空間に使用するのに向いた機種ですが、様々な形が選べるので一般家庭で使用する際にもぴったりの機種があります。天カセ型4方向は950mmが標準の大きさで主にオフィスなどの広い空間に採用されています。化粧パネルカラーが選べるので部屋の雰囲気に合わせる事が可能です。700mm~760mmのコンパクトタイプもあります。2方向タイプは長方形の部屋や廊下などの長方形をいかした空間にぴったりです。メーカーにより大きさが異なるため、事前に確認が必要です。1方向は部屋の隅や下がり天井にぴったりで、シンプルなデザインなので部屋の景観を損ねることがありません。天井ビルトイン型は少し特殊で、室内機を天井に埋込み、本体からダクトで吹出口の場所を自由に設置できるのでデザイナーズ物件などにおすすめです。

一般家庭におすすめの天井カセット型エアコン

最近では一般家庭用の天井カセット型エアコンも販売されています。一般家庭で天カセエアコンをつけるメリットは天井に埋め込む為に配管を気にする必要がなく、見た目もスッキリして部屋が広く見える点です。メーカーにもよりますが、壁掛け型と違い身体に直接風が当たらなかったり、細かく空調を設定することもできます。業務用エアコンはパワーも持久力もあるためとても効きが良く、初期投資は家庭用に比べ多少高額でも電気代等のランニングコストを考えると総合的に見てお得になります。耐久性が高く、壊れにくく、またメーカー保証も家庭用エアコンに比べ長い場合が多く、アフターフォローもしっかりしているので非常に安心です。ただ、天井裏にスペースがなかったり、梁があると設置が難しい場合があるので事前に業者としっかり確認して、自分の家庭にピッタリの天カセエアコンを選んで下さい。