今まで知らなかった天井埋め込みカセット型エアコンの意外な機能

天井に埋め込まれたカセット型エアコンと、一般的な壁掛け型のエアコン。同じエアコンですが、その機能には様々な違いがあります。最も大きな違いが、天井に埋め込むことで部屋の隅々まで風を送ることができるという点です。壁掛け型は言葉の通り壁に掛けて設置しなければならないため、部屋の形によっては部屋の隅々まで冷暖房が届かない可能性が出てきます。しかしカセット型は、配管さえうまくいけば天井のあらゆる位置に設置することができます。また、一言で天井埋め込みカセット型といってもその形は様々です。これは天井のスペースや部屋の形に合わせてその風向きなどを対応できるようにするためです。つまり部屋の形に合わせたエアコンの形を選択することができ、それによってより効率よく部屋の隅々まで風を送ることができるエアコンを設置することができるのです。

欲しい場所へ優先的に多くの風を

天井埋め込みカセット型エアコンの機能の一つに、欲しい場所へより多くの風を送ることができるというものがあります。例えば、リビングダイニングの中央の天井にカセット型エアコンを設置したとします。時間によっては、リビングにいる時もあればダイニングで過ごす時もあり、またその両方に人がいるという時もあるでしょう。そんな時、カセット型であれば人がいるところに優先的に風を送ることができるのです。これを可能にしているのが、カセット型の特徴でもある複数方向にある吹き出し口です。一般的に、カセット型エアコンには吹き出し口が一方向、二方向、四方向のものがあります。先ほどの例であれば、二方向に吹き出し口があることによってそれぞれの吹き出し口からどれだけの風量を出すかというのを調整することが可能なのです。

より部屋や状況に合わせたエアコンへ

また、メーカーによっては天井埋め込みカセット型エアコンにさらにオプションで様々な機能をつけることが可能です。例えばオフィスにカセット型エアコンを天井に設置したとします。オフィスではたくさんの人が働いているわけですから、その分温度の感じ方も様々です。一方の人が満足していてももう一方では不満を感じているなどといった場合に、吹き出し口の一つのみの風量を調節するオプションをつければ、一方の風量を少なくすることでその不満を解決することができます。他にも、部屋の形が複雑で奥まったスペースにまで風が届かないと言った場合、風向きを斜めに調整するオプションを付けることで届けたい奥のスペースにまで風を送ることが可能となります。このように天井埋め込みカセット型エアコンは、一般的なエアコンよりもより部屋に合わせて風向きや風量をカスタマイズできるのです。