天井埋め込み式カセット型エアコンにはこのような種類がある

天カセエアコンとは天井カセット型のエアコンの略称です。フィルターや吸い込み口、吹き出し口などが一体となって天井に埋め込まれたエアコンです。2方向や4方向と風を吹き出すため一般的な壁に掛けているエアコンに比べてムラができないよう室内温度を保ち快適に過ごすことができます。事務所や会社など比較的大きな空間に使われていることが多いです。4方向吹出は天井と一体化するのでキレイに設置ができ目立ちません。ラウンドフローは360度風の吹き出しが可能できれいに設置ができます。天井と一体化します。目立ちません。360度送風するので4方向のものより温度のムラができにくいです。オプション機能も多いです。天井吊形は静かでスペースをとらないです。風を遠くまで送ることができます。細長い部屋に効果的です。天井に穴を開けなくても設置できます。

すっきり収納天カセエアコンについての紹介

天カセエアコンの形の選び方は設置する場所のスペースや用途、形状などによって選びます。お部屋の内装の雰囲気によって選ぶこともできます。4方向タイプだと天井に一体化しているのですっきりとし目立ちません。お部屋の雰囲気を損なうことないです。一般店舗や事務所など様々な場所に使用されています。2方向タイプだと吹き出し口が2方向あるので見た目がすっきりし照明ラインにフィットするので美しい見た目になります。細長い場所や狭い天井におすすめです。1方向タイプは部屋の隅に配置するときにおすすめです。天井に埋め込むことだけでなく下がり天井にも対応できます。下吹き出しや前吹き出しなどに使うのが可能です。高い天井の場所にもおすすめです。天井吊形タイプは天井にエアコンが吊っているので取り付けが簡単です。施工も短く工事費も抑えられます。他にも様々なタイプがあります。使用する空間などにあったものを選ぶ必要があります。

見た目も美しい天カセエアコン、形などの選び方

天カセエアコンを取り付けるメリット、デメリットがあります。メリットは、天井に埋め込まれているのですっきりとしていて見た目もスタイリッシュです。部屋を広く見せられる効果があります。空調を細かく設定できるものもあります。風向きも2方向や4方向などに調整でき、風量も変更できます。快適に過ごせます。外付け形のエアコンだと通気口の場所によって設置できる場所が決められています。天カセエアコンだとこのような配慮をする必要がありません。デメリットは、販売されている商品の選択肢が少ないことです。高額な部分もデメリットです。種類が少ないので値引きされることがあまりなく特殊な工事を行うので工事費用がかかってしまいます。天井付近でトラブルも起こりやすいです。このようにメリットやデメリットを理解した上でエアコンを取り付けることを検討する必要があります。