本物のアパレル

本物のアパレルというのは、なんだろうか?本物というのだろうから、きっと偽物もあるはずなのでは?ないかということを思う。きっとある偽物と本物との違いは何なのだろうか?ということを考えることが本物とは何かということを考えるきっかけになるのではないかと思う。なので、まずその偽物のアパレルというのは何かということを考えることが本物のアパレルとは何か?ということを答えのヒントになると思う。まず偽物のアパレルとは何かというと、妥協を知るということになる。ある目的を達成するために妥協を必要として、目的を達成するために、「ある程度」で満足してしまう。それが偽物のアパレルということになる。頑張ったし、このくらいでいいやと思ってしまうのが、本物のアパレルと偽物のアパレルとの違いになるのである。そのことがまず大きな違いの一つであるのである。また、もう一つ大きな違いというのは、「人を信頼しているか」によっても違う。ここで言う人とは「お客様」であったり一緒に仕事をする「仲間」であったり様々である。その一緒に仕事をする仲間やお客様を信頼するかしないかも、本物のアパレルと偽物のアパレルとの違いになるのである。このことはまずお客様で考えてみるのが良い。お客様を信頼していない、偽物のアパレルは、「きっと自分たちが信じる良いものを作っても、お客様には響かない」とお客様を「疑って」しまう。自分たちの良いと感じたものを、きっと理解してくれないだろう(もしくは、きっと理解できないであろうという、ある種の選民思想が見え隠れする)と思ってしまうのである。そのことを感じているのが、偽物のアパレルであるのである。本物のアパレルは違う。きっと自分たちが良いと信じたものについては、いつかきっと(時間はかかったとしても)良いとお客様は感じてくれると信じるのである。お客様を信じた商品と信じていない商品、あなたはどちらのアパレルの方が心に響くであろうか?それも本物と偽物との違いである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*